2015.10.09 Friday 00:00

私たちは妖怪じゃなくってよ

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

先日の東京・浜松の旅のお話は
楽しんでいただけたかしら?

え?東京のお話はほぼ看板の話だけ…ですって?
んまぁ!失礼ね!
それ以外のこともちょっとは話してるわよう。

さて、気を取り直して
今日は10/3に和歌山のお城でおこなわれた
パーティのお話よ。

これねぇ…
お城でパーティがあるってお誘いが来たから
てっきりヌマサイユ宮殿の晩餐会みたいのかと。
そんな気分で伺ったのよね〜。
一番新しいドレスなのよ〜。うふふふふ。



ところが!!!!

きゃーーーーーーーーーーーー!!!
化け猫よーーーーー!!!



きゃーーーーーーーーーーー!!!!
なんか動いてるーーーー!!



あっ!
ちょっと、なによ、ヌマティじゃない!!
おどかさないでよ、もう!!

「おレ、おどロカシてないぞ。
 おまえガ、かってにビクリしただけダ」

い、いや、あなたの場合は
暗闇で立ってるだけで怖いのよ。

んもう〜、なんなの〜〜?
パーティじゃないの!?

「姫様方〜〜!こちらへどうぞ〜〜」



あら?あなた、招待状をくれた
ねずみ男さんね!

「はい〜〜、ようこそ冥途カフェへ〜」



冥途かふぇ??

「はい〜〜。あの世とこの世を繋ぐ冥途カフェ。
魑魅魍魎たちが、姫さま方の唄を楽しみに待っておりました〜」







まぁ、さっきの化け猫も!

妖怪たちのパーティなのね!?

「姫様方、ステージはあちらです〜〜。」



んまぁ!素敵!!

「オまえタチ!はやくセッティんぐしろ!」



んまぁ!ヌマティったら!

「千泳さん!はやくステージに上がりなさい!!」



はいっ!お姉さま!



ああ、お城がとってもきれい…。
素晴らしい舞台だわ!









なんて幻想的なのかしら…
妖怪の世界も素晴らしいわね…
ああ、怖がってごめんなさい。
ちっとも怖くないわ。
妖怪も沼の民も地上の民もミミズもおけらも
みんなみんな生きているんだ友達なんだわよね!

「そのとおりーーー!!」



お姉さまも私もヌマティも
とっても気持ちよく唄い踊り演奏したのよ!















ああ、なんだかどの写真も幻想的…
うふふ、お姉さまも私もかっこいいんじゃなくて?
ヌマティもね。うふふ。

「ヌマミちゃんもいるわよ〜〜」



そうね、ヌマミちゃんも遊びに来てくれたの。
本当に楽しかったわ!

沼のシーデーも、たくさんの方がご購入くださって。
サインもいっぱい書いたわ。
もう、沼と地上と冥途の垣根はないわね!!

と、その時!!

突然、私たちの前に光る刀を持った男が!!

「姫様方!私は冥途カフェ近辺でさまよっていたのですが
 今日のライブで沼王国に生まれかわりたくなりました!
 どうか姫様の手で、私の魂を沼王国に届けてくだされ!」

な、なんという真剣さ…。

心を打たれた私とお姉さまは
その男をひと思いにぶった切ってやったのよ。

「ありがとうございまぁぁぁぁ〜〜す!!」



その男の喜びと安堵に満ちた声はあたり一面に響きわたり
やがて男の魂とともに
空高く吸い込まれていくように消えていったわ。

彼はきっと、次に会う時はほっかむりね…。

そんな出会いもあった和歌山の夜…。
ありがとう、ねずみ男。
感謝の気持ちがとまらないわ。
そして、来年もよろしくお願いいたします。



さぁ、次は京都のお寺。そして大阪貝塚の森の中。
地上での素敵なイベントが続くわ。
沼王国と地上との交流がますます盛んになりますように!

それではみなさん、きょうはこのへんで。
ごきげんよう。

 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://numacco.chieroom.com/trackback/107
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.