2015.11.16 Monday 16:18

怖かった…

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

あのハロウィンの日から、
もう2週間もたってしまったわね。
…怖かった…。
ま、まぁ、最終的にはよかったんだけど…。
こ、怖かったの…。

聞きたい?

そう、私たち、大阪の阪神百貨店という
おおきなデパートメントでおこなわれる
ワイン祭りというのに呼んでもらったの。
きっとそうね、
私たち王女の気品あるワインたしなみ姿を
みなさん見たかったのよね。
ふふふ、わかるわよ。みなさんの気持ち。

会場ではたくさんの方々が
私たちを待ってくださっていたわ。
みなさんとまずは乾杯したのよ。
うふふ。かんぱ〜い!





そして、せっかく来たんだからということで
唄も御披露したのよ。
うふふ。盛り上がったわ〜〜。
たくさんの方々がワインを片手に楽しそうに聴いてくださったの。






んも〜、楽しすぎてお姉さまったらはしゃいじゃって!
きゃ〜〜〜!!私の方に向けないで〜!



『うううう、華やかね…あなたたち…』



え?今、何か声がした?

「何もしてないわよ〜。
 千泳さんったら酔っぱらってるんじゃない?
 あ〜〜、美味しいわ〜〜、このワイン」



え〜〜、おかしいなぁ?
私はまだそんなに酔っぱらってないのにな〜〜



『あのう、わたしです。ここにいます』



え?????



『わ、わたしです…ゾン美です…わたしもいれて〜』



きゃああああ!!

『が〜〜〜、怖がらないでぇぇぇぇぇ!』

怖がらないでほしいなら襲ってこないで〜〜〜!!

『癖なのよ〜〜〜!』



ゾン美さん、だめよ、そんなことしちゃ。
仲間に入りたいならもっと可愛くしなきゃ。
素敵な女性なんだから〜。



『でも…私ったら、こんな見た目だし…』

う〜〜ん。ゾンビだものねぇ…。どうしたらいいかしら?お姉さま。

「うふふ!お姉さまにいい考えがあるわ!これでどうかしら?」



『まぁ!これが私??』



んまぁ!すっごく素敵よ!
ゾン美さん、よかったわね〜〜。
これで怖くないわよね!?みなさん?

「こわくないで〜〜〜す!!」



よかったわね〜〜、ゾン美さん。
これで一件落着ね。

「さぁ、生きてる人も死んでる人も
 一緒に楽しく唄い踊りましょう!」



『ううううう、おまえたち…楽しそうだなぁ…』

え??また、何か声がした??もしかして…?

『おう、ここだ、ここ。俺も可愛くしてくれ』



きゃーーーーーー!!
なんかまた来たわよう!!!

「きゃははは!面白くなってきたわ!
 ゾンビさんたち、どんどんいらっしゃ〜〜い!!」



ちょ、ちょっとお姉さま!やめてよ!
そんなこと言ったら続々とゾンビが集まってくるじゃない!!
ちょっと、ほら!!来てるじゃない!!

「いいじゃないのよ〜!盛り上がっちゃいましょ〜〜!
 ほれ、ぱ〜〜〜ん!!」

きゃ〜〜〜!お姉さま、酔っぱらいすぎよ〜〜!
だから私の方に向けないでってば〜〜!



いた〜〜い!!当たってるし〜〜!



…と、いうわけで、
このあと、酔っぱらったお姉さまと
どんどん集まってくるゾンビ相手に
宴は朝まで続いたのよ。

怖かったわ…いろんな意味で…。

では今日はこのへんでね。
みなさん、ごきげんよう。




 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://numacco.chieroom.com/trackback/112
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.