2016.05.30 Monday 23:50

大事件勃発だったのよ…

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

すっかり初夏ねぇ。
緑がまぶしいわ。うふふ。

なんて、ほっこりしてる場合じゃないの。
そう、先日の茨木の沼でね、
大事件が起こったのよ!
聞いてくださる?

どこから話したらいいのかしら??
もう、混乱してしまって…。

まずはね、いつも通り
魅惑のヌマンティック歌謡ショウを
始めようとしたの。
そしたら、お姉さまがいらっしゃらなくて。

お姉さまーー!
お姉さまーー!


「はーーい」

んもう、どこにいってらしたの!?
心配したんだから。

じゃあ、はじめるわよ!
「ようこそ〜」


「沼の世界へ〜〜!」


「きゃっは〜〜〜!楽し〜〜〜!」


ん??
何かが違うような…。

「オい、千泳!こイつ、浮泳ジャないぞ!
 おレ、わかル!」

「な、なにを言ってるの?お姉さまよ!」


「ほうら、記念写真よ〜」

あ、この後ろ姿はお姉さま…


「はい、ちーず!」

え〜〜っと…お姉さま??


「おい、にセもの!正体ヲあらワセ!
 おレ、ニオいで、わカルぞ!」

「ぎゃーーー!!」


「ふふ、ばれちゃしょうがないわね!
 私は茨木沼のヌシ、ヨンファだよ!!」


しぇ〜〜
だまされたぁ〜〜〜!


「千泳さ〜〜〜〜〜ん
 よろよろよろ…」


ああっ!本物のお姉さま!
いったいこれはどういうことなの?

「よくわからないの。
 急に閉じ込められて…。
 こ、この女よ!私を閉じ込めたのは!」

「ああ、全部ばれてしもうた〜!!」


あなた、どうしてこんなことを?

「一度でいいから、王女になってみたかったんだよう!
 ごめんよう!許しておくれ!」


「いいわよ。許します。
 罪を憎んで人を憎まず。
 うふふふふ」


「それにしてもあなた、背格好が同じね。
 もしよかったら今後、私の影武者にならない?
 ほら、千泳さん、見て見て〜〜!
 お姉さまはど〜〜っちだ!?」



え、えと…ひ、左?


「ぴ〜〜んぽ〜〜んっ!
 いえ〜〜いっ!正解っ!」


「ひゃっほ〜〜、楽しいわ〜〜!
 見て見て〜!ヌマザイル〜〜」


ちょ、同じタイミングで回ってはだめよ。
お姉さまたち。
どうして全く同じように動くのよう!
シンクロしちゃうのかしら?
んもう、おかしな人たちねえ〜。


「あっ!だんだんコツがつかめてきたわ!」
「私もわかってきました!姫!」
「すごいわ!私たち、息ぴったりよ!」


「ヌマトルネ〜〜ドッ!」


…なんだかすっかり意気投合ね…
お姉さま、もしかして、あの方と
今後は二人でコンビで活動されるのかしら?
私、ひとりぼっちになるのかしら?
ねぇ、どう思う?ヌマティ。


「ア、すまン。びール飲んデテ
 キイてナカッタ」


はは、はははは。
私ったら、ひとりぼっちなのね。
ははは、はは…。


「何をいってるの?
 お姉さまがあなたをひとりぼっちになんて
 するわけないじゃない!
 さぁ!一緒に唄うのよ!
 だって私たちは沼の王女姉妹!
 魅惑のユニット沼娘なんだもの!!」

お、お姉さまーー!


「これにて一件落着!」


「沼王国ばんざーーーい!!
 おーるおっけーーー!!」


…と、まぁ、
こんな事件があったというわけなのよ。
本当にもう、びっくりだったわ。
でも、私も彼女と最終的には仲良くなって
一緒にお写真を撮ったりしたのよ。
うふ。お友達ね。


茨木沼…
いろんなことがあったけど
とっても楽しかったわ。

また遊びに行きたいわねぇ。
うふふふ。
その時はヨンファさん、またお姉さまと
ヌマトルネードやヌマザイルを
やってくれるかしら?

あら、もうこんな時間だわ。
それではみなさん、今日はこの辺で。
ごきげんよう。







 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://numacco.chieroom.com/trackback/125
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.