2017.07.29 Saturday 23:55

まちなか広場はまちの中だったわ

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

今日は沼の森の番人さんにそっくりな
地上の旅する歌うたい・森香さんのご紹介で
南相馬のまちなか広場のお祭りに
出演することになったのよ。
森さん、素敵なお祭りに
お誘いいただきありがとう〜
「一緒に楽しみましょう〜〜」
ああっ!お姉さま、あれ見て!!
きゃーーーーーーーー!!!
おうまさんよ〜〜!!
きゃ〜〜!おうまさん、かっこいい〜〜!!
「わたし、あのおうまさんに乗りたいわ!」
「姫、光栄です。ぺこり」
わたしはあのおうまさんがいいわ〜。
あ、こっち見た!わ〜〜!
「あ、俺っすか?」
「な〜によ、もう、千泳さんったら、
 少し不良っぽいタイプに弱いのねぇ」
や〜〜ん、実はそうなのよ〜〜う!てへへ!
ダメかしら?ねえ、ダメだと思う??
「大丈夫だよ〜〜」
は〜よかった。
と、わたしの隠していた好みのタイプがバレたものの
みなさんにも温かく受け入れていただいた小雨降る夕暮れ。
少し悪い感じのハンサムなおうまさんに見守られて
ヌマンティックなショウを繰り広げることができたのよ。
楽しかったわ〜!
南相馬のみなさん、ありがとう〜。
それでは今日はこの辺でね。
ごきげんよう。

2017.07.28 Friday 23:55

妖精さんとぷかぷか遊んだのよ

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

今日は初めて訪れた福島の須賀川というところで
ヌマンティック歌謡ショウよ。
会場は・・・
まぁ、ここね。ぷかぷか。かわいい名前。
中には面白いギターがたくさんあるのよ。
ねえ、お姉さま、
ちょっとショウの前に確認したいんだけど
さっきから、な〜〜んか聞こえない?
不思議な話し声のような・・・
ほら、こうして耳をすますと・・・
「まぁっ!本当だわ!!」
あっ!お姉さま、あそこよ!!
「ああっ!あれは??」
「こんばんは〜、
 ぷかぷかの妖精そそですよ〜」
「きゃーーーー!!妖精ですってーー!」
「ちょっと千泳さん、お話ししてきなさいよ!
 ほらほら」
や〜〜ん、わたし、人見知りなのよう。
お姉さま行ってきてよう!
「ほら、いつもお姉さまに頼ってないで!
 早く行ってきなさい!!」
ダメだー。何しゃべっていいか、全くわかんないー。
もうアタマがまっしろだー。
「ほうら、妖精さん、
 これはテルミンっていって
 こうやって音をならすんだよ」
「へえ、すごいのね〜〜」
んまぁ、わたしがもじもじしてる間に
店長のきんちゃんさんが・・・
「ほんと。なんだか素敵な光景ねぇ」
「さぁ、きんちゃんさんも妖精さんも一緒に
楽しいヌマンティック歌謡ショウを始めましょう!」
「姫様!!わたくしも正装のほっかむりで
 沼王国から馳せ参じました!
 ご一緒してもよろしいですか〜?」
「いいわよ〜〜!みなさんもご一緒に!」
「オールオッケ〜〜!!」
こうして、須賀川ぷかぷかでの
楽しいショウは幕を開いたのよ。
とっても楽しかったわ。
また行きたいものねぇ。
それでは今日はこの辺で。
ごきげんよう。

2017.06.21 Wednesday 23:55

toi toi toiなのよ!

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

今日は大阪の西天満にある
Gantz toi toi toi っていう
変わったお名前のお店で唄ったのよ。
ねえ、お姉さま
toi toi toi ってどういう意味か知ってる?
「お〜っほっほっほっほ!
 知らないわよ!
 私が知ってると思って??」
…ダメだわ。
お姉さま、わからなすぎて
変なテンションになってる…
仕方ないわ、誰かに聞きましょう。
え〜〜っと、ねえ、そこの方、
toi toi toiってどういう意味かご存知?
「toi toi toiっていうのは
 きっとうまくいくぜっていう
 おまじないの言葉なんだぜ、ベイビー!」
「んまぁ…素敵…
 そんな素敵な意味があったのねぇ
 さすが主催の江口さんは物知りねぇ」
「さぁ!千泳さん!唄いましょう!
 今日はあの歌詞も変更よ!
 大丈夫大丈夫toitoitoiよ!!」
素敵!お姉さま!そうしましょう!!
大丈夫大丈夫toitoitoiよ!!
「大丈夫 大丈夫 toi toi toi!!」
そんなわけで、すっごくたくさん
おまじないをかけたのよ。
これできっと、いろんなことがうまくいくわ。
新しいシーデーもたくさん売れるだろうし
わたしの新しい恋も…うふ、うふふふふ
や、やだ、なんでもないわ。
気になさらないで。
内緒、内緒よ。やだ〜〜。
じゃ、じゃあね、今日はこの辺で。
ごきげんよう。

2017.06.10 Saturday 23:55

木漏れ日眩しい午後なのよ

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

今日は初夏の京都・岡崎。
LOOPっていう素敵なイベントに呼んでいただいたのよ。
まずはインタビューなど。
「王女様、日傘などさしておられませんが、
 沼王国の方々は日差しにはお強いのですか?」
「そうねぇ。暑いのも寒いのも嫌いだけど
 一番嫌なのは乾燥と日焼けかしら。
 ね?千泳さん」
がーん……
ひ、日焼け止めを塗るのを忘れたわ…
もう、インタビューどころじゃない…
今すぐ日陰に逃げたい…
「んまぁ、千泳さんったらダメね〜〜」
「な〜〜んて。
 実は、お姉さまもでーす」
ど、どうしましょう!?お姉さま!
王女姉妹がこんがりきつね色って、
なんか嫌だわ!
「大丈夫よ!千泳さん!
 こんな時のために
 買っておいたものがあるの!
 これよ!
 日差しバリヤぁぁぁぁぁぁ!!!」
「さぁ、これで大丈夫よ!」
お、お姉さま、これ、本当に効果あるの?
どこで買ったの?騙されてない?
「大丈夫よ!
 インタぁネットで買ったの。
 間違いないわ!
 説明のとこにちゃんと
 使わない時より効果あり(当社比)って
 書いてあったもの。
 前に使った時も、なんだかいつもより
 大丈夫な感じ(当社比)がしたもの!」
そうなのね!?
いつもより大丈夫な感じ(当社比)なら
きっと、大丈夫ね!!
「これは半径1キロの範囲で効くらしいから
 みなさんにも効果あり(当社比)よ〜!」
「さすが姫様!
 これで大丈夫(当社比)だよ〜〜!!」
そんなわけで、
わたしたち、ばっちり日差しから守られ(当社比)て
ヌマンティックなライブを繰り広げることができたのよ。
まだまだ夏はこれから。
みなさんも強い日差しや熱射病に気をつけてね。
それでは、ごきげんよう。

2017.05.08 Monday 23:27

ワインマツリだゾ

ミなサん、ごきゲンイカガか?ぬマてぃだゾ。

今日ハ、ワイン祭ニよばレタのだガ
ぬまっこハどコだ?
「あら、ヌマティ
 遅かったわね。
 今から乾杯するところよ」
「ヌマティも到着したし、
 さぁ、乾杯しましょう!
 かんぱ〜〜い!!」
「かんぱーーーーーい!!」
ヌ、ぬヌ、うまクのめナイ
「ホラ、ストローでこうやって飲めばいいのよ」
オ、こウカ?やサしいな、チえい。
「あら?わたしが?そうかしら?ふふ」
オう。ただノ毒舌ヲんなかとオモッテたが
見直シたゾ。
「んまぁ、一言多いわ。
 ヌマティったら」
「まぁまぁ、千泳さん
 すぐにプンスカしないのよ。
 楽しいワイン祭なんだから」
「さぁ、盛り上がるわよ〜〜!」
「オッケーーーー!!」
ヨーーーし!
はリキっていくゾ!
「千泳さん、オールオッケー??」
「オールオッケーよう!」
「どんどん飲むわよう!
 かんぱーい!」
…そしテ、こノあとクラいかラ
おレ、キオクない。
酒、コわいな。気をツケろ、みンナ。
ジャアな。
今日ハこノへんデ。
ごきゲンよウ。

2017.05.05 Friday 23:36

イバオンで上機嫌よ

みなさん、ごきげんいかが?

今日は千泳ではなく
わたくし、浮泳がお届けするわよ。
5月5日の茨木音楽祭。
通称イバオン。
この日は大変だったわ。
千泳さんが朝からごきげん斜めだったの。
千泳さん、どうしたの?
「なんでもない。
 なんか朝からブルーなのよ
 つーん」
はうっ!
千泳さん、なんだか怖い!
「おイ。ふエイ。
 ハヤくチえいノきげン直セ
 あレで直ルはずダろ」
あっ!アレね!オッケー!
「あれ?あれって、なあに?」
いくわよ〜〜! 
パーーーーーン!!!
「きゃああああ
 綺麗〜〜〜!!!」
「お姉さま!
 次はあっちに打って〜〜!!
 きゃはははは!!」
んふふふふ。
千泳さんったらいつまでたっても子供ね。
ほうら!どんどん打つわよ〜〜!
「きゃはははは!
 お姉さま、わたし、楽しくなってきたわ〜」
うふふ。
千泳さんったら、本当にお子ちゃまなんだから。
でも機嫌がなおってよかったわ。
ね、みなさん!
「よかったーーー!!!」
というわけで、
千泳さんのご機嫌もすっかり直って
とっても楽しい音楽祭となったのよ。
本当によかったわ。
これからも、千泳さんがごきげん斜めの時は
クラッカーをいっぱい打つわ。うふふ。
では、今日はこの辺でね。
ごきげんよう。

2017.04.30 Sunday 23:59

三ケ日ワッツはキラキラしてたわ

みなさん、ご機嫌いかが?千泳です。

しばらくレコーディングなどで忙しくしてたけど
ようやくまた地上で歌い始めたわよ。
今回遊びに行ったのは
浜松の三ケ日というところにある
ワッツという素敵なお店。
海のすぐそばにあるのよ。
お姉さま、見て〜〜。
波間にお月さまの光がゆらゆら〜。
キラキラして綺麗ね〜〜。
「キラキラしてるのは月の光だけではないのだよ!
 お姫さんたちよ!」
んまぁ!あなたはだあれ??
「オレだ!!」
え?誰〜??
「メソポタミアだー!!」
「んまぁ!あなたたちが!?
 お会いできて嬉しいわ!」
「わしもいるよ〜〜」
んまぁ、森香さんも!
みなさん、キラキラしてるわ!
あの月の光のように!
「私たちも負けずに
 キラキラ輝かなくちゃ!
 いくわよ!!」
さぁ、みなさんも!
かもーーーん!!
いやっほ〜〜う!!
こうして三ケ日での楽しい夜は更けていったのよ。
ライブの後はバーベキュー。
美味しい鰻をいただいたの。
忘れられない思い出だわ…。
また行きたいわ。
そして鰻食べ…い、いえ、
鰻目的ではないのよ!
本当に楽しかった〜〜。
バーベキューの写真は
プライベートだから秘密。うふふ。
では、今日はこの辺で
ごきげんよう。

2017.01.22 Sunday 23:59

2017もド派手に始まったわ

みなさん、ご機嫌いかが?千泳です。

2017年ね。
今年の目標は決まった?
年の始まりというのはいつも
なんだかワクワクするわね。
占いなんか見ちゃったりしてね。
「沼の王女姉妹よ。
 あなたたちにとって
 今年は素晴らしき
 創作の年となるでしょう」
んまぁ!本当!?
「やったわ〜〜」
はっ!
お姉さま!そうよ!
私たち、今年の8月に!!
新しいアルバムを発売するのよ!
サードアルバムよ〜〜!!
「そう、あなたたちにとって
 大いなる創作の年なのですよ」
ありがとうございます!愛$菩薩さま!!
ああ、神々しいわ!
さぁ、ご一緒に歌ってくださいませ!
こうして、2017年の幕開けは
神々しいお方との共演から始まったのよ。
縁起がいいわ。
きっと8月26日発売のアルバムも
素晴らしいものになるに違いないわ。
みなさん、期待していてね。
では今日はこの辺で。
ごきげんよう。

2016.12.30 Friday 23:25

2016も終わるのね

みなさん、ご機嫌いかが?千泳です。

2016年も間も無く終わり。
今年も恒例のぬまっこ祭よ。
国旗掲揚の時はいつも
静粛な気持ちになるわね…
「じいやも感動でございます。
 すっかり地上の民とも仲良くなられて」
「おレもかンドうダ…
 サケもすすムぞ」
「これ!ヌマティ!
 王女より先に飲むとはなにごとですか。
 いけませんよ」
「大丈夫よ!ヌマティ!
 今日は無礼講!どんどんやりなさい!」
「オーーう!!」
さぁ、無礼講よ!かんぱーい!!
あら??
うしろのあなたは??
「やぁ、また遊びに来たよ。
 キムヌマー王子だよ」
「夏祭りの時は失礼したね。
 おわびに美味しいヌマッシュルームを
 プレゼントするよ」
はぁぁ、夏の辛い失恋を忘れかけていたのに…
なんて罪な王子!!
「そうよ!キムヌマー王子!
 あなた、地上の女性と結婚するとか言って
 私たちをこっぴどく振ったじゃない!!」

 
「あ、そうっすね。
 じゃ、妻が心配するんで、帰りますね」
あ。はい。えっと、さよなら〜
「もう帰るんか〜〜い!!」
いいのよ、ヌマティ。
もう、終わった話だもの。
お姉さまもわたしも、乗り越えるわ。
「そう!未来に向かって進むのよ!」
「ファイト!ファイト!」
まぁ!ソラネコのみなさん。
ありがとう!
ん?なんか王子に似てる人がいるけど…
ま、いいか。
かんぱーい!!
みなさん、来年もよろしくね〜〜!!!
というわけで、2016の祭も大騒ぎだったわ。
は〜楽しかった。
みなさん、2017もよろしくね。
それでは、ごきげんよう。

2016.11.06 Sunday 23:59

なんなの?この人たち!

みなさん、ごきげんいかが?千泳です。

 

今日は地上の茨木の音酔浴っていうイベントにね

呼んでいただいた時のお話なんだけど

 

ん〜〜

わたしたちのライブはね

まぁ、いつも通りとっても盛り上がったのよ。

楽しかったわ。

ほら、ご覧になって。

 

 

 

 

 

とっても楽しかったわ。

でも…その後なのよ…

 

 

わたしたちの背後に忍び寄る影…

ああ〜〜、ぬまっこ〜〜

うしろ〜〜っ!うしろ〜〜っ!!

 

 

「次のぬまっこ枠は

 あたしたちがいただいちゃうわよっ!

 きゃはっ!!」

 

「ちょ…やばいのが来たわ…誰?」

 

「お〜〜ほほほほほ!

 ぬまっこ枠、わたくしたちによこしなさい!!」

 

「音酔浴限定ユニット

 魅惑の『フェイチェリズモ』参上!!」

 

「ぬまっこの枠を奪い取って

 暴れてやるわ!!おーほほほほほ!」

 

「なな、なんと」

 

なに?この人たち…

セーラー服のコスプレはわかるけど

あと一人はなに??

わけわかんない…

 

「千泳のばかっ!!」

 

 あううっ!!

 

 

「彼女たちはね、自らの年齢にも負けず、

 皆さんにひと時の笑いを提供するために

 ぶりっこ生徒会長と不良転校生と

 セクシー音楽教師になりきって

 ちょっとした出し物をやろうとなさってるのよ!

 失礼よ!千泳さん!!

 年齢にも負けずあのように足を出しておられるのよ!」

 

「いや、そんな、年齢年齢て言われたら…なぁ…」

「ちょっと…なぁ…」

 

「なにを萎えているの!?

 さぁ!おやりなさい!!精一杯!

 ぬまっこの枠を差し上げるわ!!」

 

「よ〜〜し!やるわよっ!!」

「いくわよっ!!」

 

…というわけで、

よくわからない3人組『フェイチェリズモ』とやらに

すっかり持っていかれてしまったのよ。

 

最後はセクシー音楽教師さんは

すっかり疲れて倒れておられたわ…。

 

まぁ、でも、あれね。

なんというか、

楽しそうだったからよかったわね。

とってもウケてたし。ほほほ。

 

わたしたちも楽しませていただいたわ。

またやるのかしら?彼女たち。

もう…なさそうかしら?

やりきってたからね。ほほほ。

 

そんなわけで、

とっても楽しい茨木の夜だったわ。

 

それでは今日はこのへんで。

ごきげんよう。

 

 

 

 


<<new | 2 / 16pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.